児童手当改正で共働き支給ゼロって・・・待機児童解消のためにその児童を減らす施策を検討するってなに?

私は政治家についていろいろと言いたいことはありますが、流石にこれはないなというニュースがあったので吐き出す意味で今書いています。

以前から女性の社会進出が進むにつれて、待機児童問題がよくテレビとかで取り挙げられてました。

「保育園落ちた日本死ね」と言葉が有名ですよね。

この件で待機児童問題が大分騒がれるようになった気がしますが、政府がその財源確保のために児童手当に手を付けようという本末転倒なことを検討しているようです。

児童手当改正「共働きで支給ゼロ」家庭続出の訳 | CHANTO-WEB
中学生までの子どもがいる世帯に支給される「児童手当」。もともとは所得制限のある制度ですが、現在、特例として所得制限を超えた世帯も月5000円は受け取れることになっています。この「特例給付」が、国の財源不…

私はお金は好きですが、同じくらい子どもも好きで、特に昨年姪っ子が生まれた身としてはこういうことに対して以前より無関心ではいられないなと感じています。

私自身には予定がないので児童手当について詳しくはないですが、どうやら「特例給付」というものを廃止しようしているようです。

廃止されると年間6万円~10数万円が受け取れなくなるらしく、子供のいる世帯としては中々痛いところではないでしょうか。

親(または家族を扶養している人)の所得には上限があり、例えば、会社員の夫と専業主婦の妻と子ども2人の家庭の場合は、夫の年間所得が736万円以上になると児童手当は支給されません。

今までは上記の条件が世帯で1番収入が高い人を基準に判定されていましたが、今後は世帯年収、つまり夫婦2人に合わせて736万円にしようとしているようです。

詳しくはリンクの記事を見て欲しいですが、子どもが3人いる世帯だと年間42万くらい減ってしまう可能性があり、正直かなり厳しくなるだろうと予想されます。

今の日本は年収300万円台が増えているそうなので、夫婦二人ともそれくらいだったら引っ掛からないのかもしれませんが・・・そういうとこだけ時代に則したっていうのはホントふざけた話だと思います。

少子化を解消し日本の人口を増加させるには一組夫婦から子ども3人生まれないといけないことを考えると、この条件が実現できるような政策をしないといけないと思うのですが・・・

これを実施することで年間約900憶円ほど浮くそうで、それでなかなか減らない待機児童解消の財源にしたいという考えとのこと。。。

一時的に待機児童はそれで解決するかもしれないけど、確実にそのあとに続く世代が減りますよね?

これを実施しようというんだから、やっぱり政治家は自分が生きている間のことしか考えていない身勝手集団なんだなと感じました。

これも少子化対策の一環のつもりなんでしょうが、政治家が語る少子化対策っていつもズレてるんですよ。

 

スポンサーリンク

自分の生活で精一杯な若者の増加

ここから先は完全に私の考えですが、今の若い人が子どもを作らないのって単純に給料が少なくて自分のことだけで精一杯だからというのが大きいと思ってます。

実際、就職氷河期世代のは人数が多かったにもかかわらず、その世代の子どもの人数が少ないのは経済力がなくて結婚すらできない人が多かったのもその証拠。

やっぱり経済力と子どもの数って比例してますよ。

別に子どもを預ける場所がないから子どもを作らない訳じゃなくて、成人するまでにかかる費用を考えて子どもを作らない、または1人しか作らない選択をしてる人が多いと思います。

さらに昔は老後は年金と退職金で何とかなると言われてましたが、今の世代は老後も自力で何とかしろって国からハッキリ言われてますからね・・・

ただでさえ2人に1人は奨学金を借りていて、その返済にすら苦しんでいるのに子どもの養育費と自分の老後費用を同時に貯えるなんて夢のまた夢ですよ。

正直に言えば・・・先の無い老人にお金をかけるよりも、若者やこれから生まれてくる子供たちにもっとお金をかけた方が今後の日本の為になるんじゃないかなと思ってしまいました。

まあ、政治家も有権者も高齢者が多い以上、自分たちに不都合な政策を掲げる政党は支持されなくなるので、上の世代が死に絶えるまでどうにもならないと思いますけどね。

国の舵取りが先を考えていないのも少子高齢化の弊害かな・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました