食料品の値上げ相次ぐ日本!デフレの影響が本格的に出てきたかな

時事ネタ

日本は経済的に落ちたままだけど世界的には回復傾向で、色々なものの需要回復でコストの高騰が見られているようです。

よくここ30年で海外は所得が増えているのに日本人はほぼ変わらないと話題に上がりますが、それは海外は適切にインフレが起きているのに、日本はずっとデフレだったからというのが原因。

それの影響がこのコロナ禍でさらに出てきているようで、とうとう食料品の価格改定が実施されるという結果になりそうです。

食品値上げが拡大 主原料高騰の影響大きく すべてのカテゴリーに下期波及か - 日本食糧新聞電子版

今回の価格改定のもう一つの特徴は「大豆や小麦に代表される輸入作物の高騰で粉・糖・油など加工食品主原料が値上げとなり、その影響が広範囲に及びそうなこと」(大手卸)という。

食用油市場は8月に向けて今年3回目の値上げに踏み切るほか、マヨネーズでは7月にキユーピー、味の素社が価格改定を実施。9月以降はパスタやそばなど粉関連製品の値上げも控える。菓子も一部大手メーカーが卸向けに値上げのアナウンスに動いているとし、競合他社も一斉に追随する公算が高い。まだ値上げを表明していない即席麺やカレー、ドレッシング、アイスクリームなども価格改定を行う可能性もあり、「下期に向けて全ての食品カテゴリーで値上げや値締め、容量減などの動きが出てくるのでは」(同)と見通しを語る。

食料品の値上げは結構致命的なダメージを与えてくるでしょうね、、、

普段食料品の買い物をしない人ならたかが10円上がるだけで騒ぎすぎとか思うかもしれないけど、自分で買い物をしているとそこらへんは凄くシビアになりますね。

1つ1つの値上げが少しなのかもしれませんが、塵が積もれば山となるという感じで真綿で首を締める感じで国民生活に影響が出てきそう。

これまでは値段据え置きで内容量を減らすステルス値上げが流行ってたけど、それでごまかすことすらできなくなってきたってことですから・・・

特にコロナ禍で大幅に減収してしまった世帯はかなり痛いでしょうね。

日本も海外みたいに食料品だけ税率ゼロ%だったらまだ庶民の生活は楽になるんでしょうが、そうなる可能性は限りなくゼロに近い。

生きるために絶対に必要な食費の増加は他に回すお金の減少につながるので娯楽等に回すお金もなくなります。

そうなると旅行や遊びに使うお金は勿論減るでしょうね。

そして生活必需品以外での消費がどんどん減ってお金の周りが悪くなり続ける負のループが出来上がってしまいそうですね。

あ、それはすでに完成されてるか(;^ω^)

特に今は為替が1ドル111.55円(07/02 14:30)という円安に進んでいることから、海外のインフレ、日本のデフレ、そして為替の影響を受けているだろうからちょっとどうしようもないかもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました