都市部は地方の2倍の生活費?

お金の話

都会と地方の給料に違いがあるというのは誰もが知っていること

東京だと年収500万円は珍しくないが、地方であれば公務員ぐらいしかいないなんていう話も聞く

これが事実かどうかは置いておいても都会と地方とでの賃金格差があるのは紛れもない事実である

ではそこに暮らす生活費はどうなのか

私は3ヶ月ほど神奈川に住んでいたことがありますが、短期間だった上に会社から社宅と定期券が支給されていたため生活費は大した差はありませんでした。

少なくとも2倍の差がある・・・なんてことはなかったですね😅

地方の格差を叫ぶ年収200万円の男性「“都市と地方は物価が違うから”って、2倍も違うわけねーだろ!」 | キャリコネニュース
画像はイメージ 都市と地方の賃金格差に対し、「仕方ない」と納得できる地方在住者がどのくらいいるだろうか。宮崎県

「県外にいたときは手取りで30万円、ボーナス年4.9か月分もらってましたが、身体と心を壊し地元に帰ってきて就職。正社員として働きだして4年、仕事の内容はほぼほぼ変わらず、給料が半分、年収が半分以下」

Uターン就職により大幅に収入を下げてしまった男性は、“地方は物価が安いから”という意見に対し、「変わらねーよ」と断言する。

地方が物価が安いというのは幻想でしかありません

そりゃ全部が全部そうだとは言いませんが、野菜は貰えばいいとかいう他者に依存したバカみたいな妄想を垂れ流す人もいる位なので現実を見てない人の妄言もそれなりに出回っているんでしょう。

このやり取りも正直面倒なんですよねぇ

貰ったらお返しが必要であり、畑もやっていない身では返すものを購入するか労働力を提供する必要があったり等々・・・正直割に合わないというのが本音。

私の地元ではそういうのはありませんでしたが、祖父母の家当たりがそんな感じ😅

そういうのは置いておいても

全国どこであろうともコンビニやイオンでの所品の価格は同じであり、地方だからと言ってうまい棒が5円になったりはしません。

子どもの頃、そして今も地方都市に住んでいる身としては田舎は物価が安いというのは完全に幻想です。

正しくは家賃が安いでしょうか

「地方はバス、電車なんか1時間に1本も走らないから車が絶対いるんだよ。税金、飯代、アパート代、車ローン代、ガソリン代、給料残んねーっつうの。結婚しても金ないから生活できねーんだよ」

ただ家賃がいかに安くともこれらの出費はそれ以上に掛かるのが事実です。

とても都会の半分の給料でやっていくなんて不可能な話

まだ都会の方が多少家賃が高いだけで、自動車に掛かる数十万から数百万の費用やガソリンや任意保険料、バカみたいにお高い車検がないだけでホントに恵まれているとすら思ってます。

できることなら都会で働きたい!

とは思いませんし、自動車通勤に慣れた身としては満員電車なんて御免こうむりますが、それでもやっぱり都会の方が羨ましいと感じることはありますね。

理想は都会の給料に田舎の家賃ってところでしょうか・・・

私がWeb系のエンジニアだったらできた可能性があると思うと・・・ちょっと悲しい😢

まあ、そういうのは置いといて

今回の記事は凄くこの人の気持ちがわかるだけに短い記事なのにどうにも情移入してしまう内容でした😢

コメント

タイトルとURLをコピーしました